読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋に飢えているのでTinderを始めてみた

こんなに人はいるのに出会いがない!!

「電車で隣にいる人に自然に声かられたら...」

といつも妄想してる。僕は恋愛対象が男性なのでイケメンばかりだけど(笑)、それでも"就職活動の荒波にもまれるリクルートスーツくん"や”高級な生地感のスーツリーマンくん”とかと遭遇するたびに

「どうすれば友達... いやああああ!!!彼氏にできるのだろうか!!はああああふううう!!!!!」

と息巻いている。数えきれない人数が生活するこの東京。出会いなんていくらでもはるはずだ... と考えていたけどそうでもないらしいことが実地調査で判明した。

旅行帰りに空港のラウンジで女友達に彼氏ができないことを相談された。飛行機搭乗前で化粧から完全に解放された顔を至近距離で眺めてもそこそこカワイイのに、なぜ出会いがないのだろうか。過去に飲み放題後の電車で「あたし性欲強めなのよね~」と大声で醜態晒していたが、普段は淑女系な彼女。

「出会いのチャンネルが少なすぎるのよ!!!!!!」

崎陽軒のシュウマイ弁当を午後3時から頬張る女が説教する(笑)。彼女いわく20代のそこそこの顔面偏差値の女には出会いの”場”がそもそもないらしい。読者モデルくらいカワイイのであれば出会いは勝手に増えていく。男ならば容姿端麗な女は他人に自慢できるし、高級なレストランやファッションのブティックにいても格好がつく。女ならばそんな容姿端麗な女を手土産に出会いのきっかけをつくれる。容姿端麗な女は360度どこからも求められるのだ。

それと比較してそこそこな女は厳しい戦闘を強いられることになる。プライドだらけの男はそこそこの女といることを恥ずかしがり、打算だらけの女は手土産にならないと判断すれば肝心の”出会いの場”には連れていかない。そしてそんな"そこそこな女"こそ、この東京における圧倒的多数派なのである。

出会い系未満Facebook以上のTinder

そんな愛すべき女友達のためにまずは僕が実験台になることに決めた。数ある出会い系アプリのなかでも世界で一番流行しているTinderをダウンロードすることにした。Facebookと連携しているから登録も数秒でできる...。なんて便利なTinder...。

少なくともスマホは大学時代からという僕達世代。"出会い系"と聞くとどこか危険なもののように感じてしまうけど、TinderはどちらかというとSNSで、”Facebookの知らない人達もいるバージョン”のような雰囲気。どのみちInstagramたSnapchatで他人の日常生活を見学することに慣れているので、Tinderにもそこまで抵抗感はないはず。

出てくる写真を「アリなら右!!!ナシなら左!!!はあああああ!!!」とひたすらジャッジするだけのアプリ。互いに”アリ”ならメッセージのやりとりができるわけだけど、なんなのこのスピード感!このスピード感があるから悪気なくジャッジできるのかもしれない。

Tinderにおける未知との遭遇①:ゾンビちゃん

何度登場するんだよおまえ...。何度もナシにしているのに何度も登場するゾンビちゃん...。いや、可愛いんだけど僕は女に興味ないんだよね!!でも本当に何度も登場するからなんか気になってきた...。さすがTinder!!

Tinderにおける未知との遭遇②:マルチくん

「こんにちは!友達探したくて登録しました!旅行と写真が趣味です☆」

いや、マルチやん?でも顔がタイプなのでメッセージしてみたんだけど、予想どおり勧誘された。そもそも屋形船で推定20代から60代まで男女(私服)が飲んでいる写真ってありえないよね?普通に生活していたらこんな機会ないもんね。こんなマルチの模範例ひさびさに発見した。それにしてもマルチはみんな意気揚々とした表情をしてるのはなぜ?プロフィールに不動産とか金融とかあるやつもマルチ率高いので要注意。

というわけで女友達に薦めてみた...

まあそれでもイケメンの留学生を中心に(笑)新しい人達とメッセージしたり、時には出会えるのはとても刺激的で楽しい!「これぞ女友達のためにあるアプリ!」ということで薦めてみた。晒せる写真がないのでまずはダイエットに励むとのこと。

高校時代のニックネームがボブサップだという女友達。気長に待つことにする。